昔話

明日から3日間はiLabのScrambleというイベントに参加する。チームを組んで、ビジネスプランを作るというこの企画。とても挑戦的で楽しみだという気持ちと同時に、どうすればinternationalの自分がアメリカ人をチームに誘ってうまくいかせられるか、という点で悩みもある。そういえば何回かこういう心境あったな、とキャンパスの周りを歩きながら、昔を思い出した。

大学2年生の時に、英語ディベートの世界大会に参加した。世界大会の形式のディベートを始めてまだ半年くらいで、しかもネイティブが早口で話す中で英語もろくにできないまま参加するのは他の人から見れば無謀もいいところなのだろうけど、その時はとにかくてっぺんに挑戦してみたかった。Harvardのチームと戦った時には本当に相手の言っていることが早すぎてほとんど聞き取れず、議論になっているのかわからないままとにかく話していたのを覚えている。そんな中でも試合を進めていくうちに慣れも出てきて、終わってみれば予選突破まであと一歩の当時の日本人チームの中では2番目に良い成績だった(1番のチームは先輩たちで、世界大会初の日本チームのESL予選突破だった)。あと少し英語ができれば、という悔しさもありながらも、自分の中では実力以上のことに挑戦して、世界が広がった良い思い出になっている。

今の自分の心境は、あの時に似ている。アメリカでスタートアップに挑戦するというのは、今自分が考える選択肢の中でも最も難しい選択肢の一つで、最初のうちの失敗が見えている。自分の力不足に情けなくなると思う。物事が思うようにいかずにしんどいことも続くと思う。それでも、この挑戦をあきらめずに続けていけば、また違う景色が見えてきて、最終的には自分のやりたいことに到達できるのではないか、また一段階成長した自分になれるのではないか、というのを心のどこかで信じている。

挑戦してみよう。世の中に良い影響を与えれる人になるのは、きっととても楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください