HBS Japan Trek 2016

HBS Japan Trek 2016というHBSの同級生を連れて日本を旅する企画が昨日終わりました。参加者は昨年度よりも77%増加し、108名の参加者、11名の幹事団というJapan Trekとしては過去最大級の規模で、HBS同級生の8名に1人が参加した計算になります。今年は9日間かけて京都、広島、名古屋、東京を巡り、日本の文化、歴史、ビジネスについて視察・観光しました。

Japan TrekはHBSに通う日本人の1年生が例年行っているもので、伝統行事なのですが、今年は運営団が11名いることを活かし、「参加者に楽しんでもらうことを通じて、日本についてより知ってもらうこと」を目的に以下のような工夫を行いました。

  1. 全体で動くよりも、小グループで動けるようにオプションの数を多くした。
    例えば、食事は夕食があった8日のうち、初日のウェルカムディナー、3日目の広島での座敷宴会、8日目夜の屋形船でのフェアウェルディナー、を除き、5日間は参加者に食事する場所の候補を8か所程度(寿司、居酒屋、焼肉、などジャンル別に毎日1件ずつ)提示し、選んでもらう形式にしました。これにより、参加者は食べたい料理を選ぶことができ、食事の満足度が増しました。

    また、同様に毎日のアクティビティについても、全体で行った京都の観光(伏見稲荷神社、金閣寺、嵐山)、広島の観光(原爆ドーム、平和記念資料館、宮島・厳島神社)、要人訪問(菅官房長官、楽天三木谷社長)などを除き、参加者に幹事団主催のツアーを提示し、選んでもらう形式にしました。これにより、例えば禅体験をしたい人は禅体験を、寺をより回りたい人は清水寺ツアーを、市場を体験したい人は錦市場のツアーを選び、それぞれの参加者がニーズに合わせたプランを組むことができるようにしました。これも満足度を高める要因になったと思います。

  2. できるだけトレックに伴う不便を減らした
    紙ベースで60ページを超える詳細なTrekのガイドブックを作り、配布しました。ガイドブックはスケジュール、地下鉄路線図やホテル、レストラン、観光の場所が記載されており、それぞれのトレッカーがたとえ迷ったとしても次の目的地にたどり着けるようにしました。また、ガイドブックの最後には幹事団と参加者の名前と顔写真を載せており、トレック参加者がお互いに名前を覚えて仲良くなりやすいようにしました。

    日本では無料WiFiがあまり普及しておらず、メッセージングアプリでコミュニケーションをとりたい海外からの旅行者にとって不便な状況ですが、できるだけWiFiを利用できるよう、幹事団がポケットWiFiを持ち歩き、幹事と一緒に行動している限り参加者がオンラインになれるようにしました。これにより、その場での写真の共有や他グループとの連絡が容易になりました。

    また、ベジタリアン、ペスカトリアン対応も人力で行いました。日本の食事処はまだベジタリアン、ペスカトリアン食を出すところは少なく、アレルギーなどの個別対応を行うことにも慣れていないため、幹事団が皿ごとに入れ替えるなどして、参加者が食事面で不便を感じないようにしました。

これらの工夫により、参加者からの満足度は非常に高いものとなると同時に、参加者にとっても得るものが多い旅になったと思います。「こんなにWell-organizedなトレックに参加したのは初めてだ」、「広島での体験がとても印象的だった。親に広島での体験を話していたら、涙が出てきて、親と一緒に電話で泣いてしまった」、「日本に来て知ることで、より日本が複雑な国だということがわかるようになった。神社や寺に行くという宗教的な行為をする一方で自分たちは宗教的でないと思っている。他国の文化や慣習を取り入れるオープンさがある一方で、移民に対してはクローズなところがある。一見矛盾する要素が共存しているように見える」などなど。最終日には出会う参加者ほぼ全てから最高だった、と言ってもらえました。当初の目的であった、「HBS同級生に日本を楽しんでもらい、知ってもらうこと」、は達成でき、大成功で終わったのではないかと思います。

幹事団の一人としても、今回のトレックを運営したことはHBSの体験の中でも最も価値あることだと感じました。まず第一に、参加者の多くと新しく知り合うことができ、さらに親しくなる機会であったこと。そもそも日本に興味を少しは持っている人たちなので話しやすく、今回のトレックを通じて数十人と新しく知り合うことができ、数人とはかなり仲良くなれたので、来学期以降の人間関係がかなり楽になると思いました。第二に、幹事団のメンバーとより親しくなる機会になったこと。やはり一緒にプロジェクトをしてみることでわかることが多く、このトレック一緒に企画・実行し、一緒に達成感を感じたことは、この先ずっと続く友情につながるのではないかと思います。第三に、今回のトレックはあらためて日本を見つめ直す機会を与えてくれました。日本は自然、文化、歴史、食、と観光資源が豊かな国であり、おもてなしの心や安全な治安と合わさり、旅行先としては非常に魅力的な国だと思います。ただ、現状は特にその魅力を外国語で十分伝えることができるガイドが不足していること、多様な食事制限に答える食事処が少ないこと、などの要因でその魅力が日本人と一緒に旅しないと伝わりにくいと感じました。今回の旅でも参加者の中にはまた日本を訪れたいという人は多く(今回のトレックでは私たちと一緒であったのでほとんど不便は感じなかったのではないかと)、これらのネガティブ要因を改善することで、よりリピーターを増やすことに繋がるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です