アメリカ生活のセットアップ

アメリカに来て約1週間が経ちました。ようやく生活も落ち着いてきましたので、こちらでの生活のセットアップについて、行ったことをまとめてみます。

    • 学生証と寮の鍵の入手

始めはBoston University(BU)で4週間のpre-MBAプログラムを受講するため、学生証を発行してもらいました。BUの学生証はカフェテリア地下のTerrierカードの配布場所で発行してもらえ、10分弱で得ることができます。寮の鍵はBay State RoadにあるHousingを管理している場所で入手。寮に入るためには学生証と寮の鍵が両方必要なため、可能であれば学生証発行→寮の鍵、の方がスムーズです。

    • 銀行口座の発行

ATMの場所と数からBank of AmericaがBUそしてHBSで扱うのに最も便利かと考え、Harvard SquareにあるBank of Americaで口座を作りました。必要なものはパスポート、i20と学生証。Checking Account(当座口座)とSaving Account(普通預金口座)の両方を作りましたが、口座に関わる様々な説明と手続きの待ち時間のため、1時間半程度かかりました。その場で暫定的なデビットカードを発行してもらえ、現金を入れることでactivateできます。あとの携帯電話の購入のことがあるため、可能であれば$1000程度の現金をchecking accountにその場で入れられると後が楽になるかと思います。

    • 携帯電話の取得

Verizonが最も電波がBostonで良いということから、同じくHarvard SquareでVerizonからiPhone 6Sを購入しました。今だけ1GBのプランが$70から$60になるということで1GBのプランを購入。通話し放題ですが、1GBで$70というのは日本の基準からするとやや高い。Verizonは学割もないとのこと。手続きでここでも1時間半くらいはかかりました。日本のクレジットカードでは決済できなかったので、先に銀行口座を作り、デビットカードを入手しておく方が安心かもしれません。iPhone 6 Plusの$399に加えてケースと液晶カバー、手数料、税金を入れて計$500超。結構大きな買い物になります。

    • Amazon, AppleのUSアカウント取得

USでの住所とクレジットカードもしくはデビットカードがあるとAmazon、AppleのUSアカウントが取得できます。日本のアカウントにもアクセスができますが、どちらも生活に便利なので、アメリカのアカウントも作っておいた方が良いと思います。特にAmazonは学生に無料でお急ぎ便を提供してくれているので、お買い得です。

    • 日用品の買い出し

Commonwealth通り、あるいはHarvard SquareにあるCVSでペン、ノート、薬、歯ブラシ、ハンガー、洗濯袋、などの勉強と生活に必要な小物をある程度は揃えることができます。布団などは専門店へ行き、ベッドパックを購入しました($69)。

とにもかくにも、学生証、部屋の鍵、銀行口座、携帯電話がないと様々な点で困りますので、まずはこの4点を到着の当日と翌日には揃えた方が良いと思います。公共交通が何かと不便なアメリカではUberが非常に便利なため、日本でインストールしておくと良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください