ハーバードビジネススクール(HBS)を卒業した後の海外での日々。マーケティング、MBA、海外生活など。

ハーバードMBA、その後

プロフィール

本ブログを訪れてくださり、ありがとうございます。はじめまして。あきと申します。

簡単な職歴

メーカー、外資系IT企業で商品企画(プロダクトマネジメント)・マーケティングの分野で働いた後、ハーバードビジネススクール(Harvard Business School)へ留学しました。

卒業後は、アメリカの医療機器メーカーで新しい医療機器の開発に携わった後、現在はオーストラリアのシドニーへ移り、プロダクトマネジャーとして担当分野のマーケティングを統括しています。

グローバル x プロダクトマネジメント x テクノロジー

始めての仕事を選ぶのは、緊張するものです。私の場合は、将来は海外で自分で医療系のビジネスを立ち上げることを念頭に、大学を卒業するときに、3つの軸で仕事を選びました

  1. 世界のお客さんを相手にしたい
  2. 国籍や職種など多様な背景を持つ人とチームで働き、導きたい
  3. 新しいものやサービスを生み出し、世の中を良い方向に変えたい

幸いにもこれまで経験してきた仕事はこの3つを満たすもので、世界のお客さん相手に、新しい価値があるものを作り出すことを主導し、それを販売していく、という仕事をしてきました。

最初のメーカーでは欧米と中南米、次の会社では東アジア・東南アジア、現在の会社ではオーストラリア・ニュージーランドが主なお客さんで、幅広く世界の市場を見てきました。

また、3つの異なる国に住みながら(日本、アメリカ、オーストラリア)、エンジニア・デザイナー、営業、他の地域のマーケターなど多様な背景を持つチームと、これまでになかった商品や機能をともに開発し、市場に届けるという仕事をしてきました。

業界という点では、ハードウェア系(電機機器)とソフトウェア系(インターネットサービス)、B2C(消費者向け)とB2B(企業向け)の両方の商品企画・マーケティングを経験してきました。

楽しいと感じることを追い求めていたら、グローバル x プロダクトマネジメント x テクノロジー、という掛け算で自分なりの価値を出せるようになっていました。

今後もこの軸を活かしながら、病を抱えた人が苦しまなくて住むような世界の実現に向けて、働いていきたいと思っています。

このブログについて

このブログはMBA留学、ハーバードビジネススクールに興味のある方向けのサイトとして始めました。

MBAに興味のある方は「海外MBA受験から留学開始までのまとめ」をご覧ください。ハーバードビジネススクールでの生活に興味がある方は「ハーバードで学んだこと」をご覧ください。

卒業以降は、マーケティング・プロダクトマネジメントはどんなビジネスでも役立つ考え方にも関わらず、きちんと体系化して伝えているサイトや実務家向けの情報が少ないという問題意識にもとづいて、「ゼロから始めるマーケティング講座」としてマーケティングに興味のある方向けに書いています。

考えること、分析すること、それを書いたり話したりすることが好きなので、ビジネスについて、読者の方に「ああ、そういう見方もあるのか」と新しい視点を提供できたらなと考えています。

更新日:

Copyright© ハーバードMBA、その後 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.