F1ビザでのアメリカの税金

アメリカの税制制度は日本以上に複雑。F1ビザ保有者として、僕がこれまで米国の税に関して行ったことを書いてみた。正確でない可能性も高いが、日本語での情報が極端に少ないので、同じように悩む人のガイドラインとして。

2016年度はアメリカに来た年であり、米国国内からの収入もなかったため、僕は①銀行では口座開設時にW8-BENを、②Tax SeasonにIRSへForm 8843を提出した。税金はresident alienであれば全世界ベースの収入に、non-resident alienであれば米国内での収入に税金がかかる。通常はresidentかどうかはSubstantial Test(過去数年の滞在日数までさかのぼって判定される)で判定されるが、Fビザの留学生の場合はForm 8843を提出することでresident認定を免除できる。つまり、米国国内で収入がない場合は、Form 8843のみの提出だけで済む。

しかし、2017年にはCPT (Curricular Practical Training)を行って米国内で収入を得ることと、税と紐付けがされるSocial Security Numberを手に入れたことで、やや複雑になる予定だ。銀行にSocial Security Numberを登録したせいか、銀行からは再度の手続きが必要とW8-BENに加えてW-9 Formというresident alien向けの書類が送られてきた。Form 8843で税法上はnon-resident alienということでW8-BENで済むはずだと調べて、結局W8-BENのみを記載した。

制度を理解しているかどうかで有利になり、トラブルに巻き込まれることも避けられる。またわかったことがあれば次の機会に書きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください