RC Small Dinner

RC(Required Curriculum: HBSの1年生を指す)のメンバーと7人で夕食に行ってきた。メンバーは僕以外は全員アメリカ生まれのアメリカ育ちの人たちで、3人が金融業界出身。予想していたことではあるが、今の自分のコミュニケーション能力と目指しているコミュニケーション能力の差が大きいことを痛感した。

多くの英語圏在住経験のないインターナショナル生がそうだと思うが、まずネイティブの英語が早すぎて短文だと聞き取るのがきつい。イメージで言うと、聞き取れているのが60%くらい。文脈が完全に理解できていないから、会話に入ろうとしてもなかなかタイミングをつかみづらい。

加えて、集団で話されるトピックが地域や人に関することが多く、そもそも大学くらいからこちらにいないと、輪に入りにくい。具体的には、通っていた高校の話題や、業界内での共通の友人の話などで話が始まるが、それはついていけない。日本でもどこ出身、共通の友人で誰を知っているか、という軽いトピックから会話が始まることが多いが、それは米国でもおそらく同じ。だからこそ、こちらに地盤がないことで、そのトピックで盛り上がっている米国人の中の会話に入ることが難しい。

また、業界特殊の話題がそれなりに多いのも結構厳しい。PEやIBの会社名やこちらで有名なビジネスマンの名前など固有名詞で知らない単語が多く、IB、PE、VC出身者の共通話題にはそもそもついていきにくい。一方で、これらの業界出身者が30%程度を占めるHBSでは、おそらく業界特殊の話題がグループ内では出やすいのだろう。この点は米国の他の人も同じようで、メーカーや医者のバックグラウンドの米国人もそのトピックの時はやや静かであったので、彼らも入りにくかったのだと思う。

以上のように、英語力をより高めること、アメリカ人のネットワークに入ること、業界特殊の話題についていけること、の3つがHBSでのアメリカ人のグループでの会話に入ることに必要だと感じた。これらの達成は1日や2日でどうにかなる話ではないので、これから21ヶ月をかけて、一歩ずつ進めていこうと思う。

CELOP (Boston University) – Week4 終了

CELOPでのPre-MBAが終わりました。今週は最終週だからなのか、かなりゆったり。Amazon vs Barns and Noble のケースと個々人のプレゼンテーションがメインでした。

CELOPのプログラムへ参加するべきなのかどうかについては、ボストンの環境に慣れるためにはありかな、という印象です。

参加することで得られたもの

  • MBA他校の友人 (HBS/MIT/BU/Tuckなど)
  • セットアップの準備の時間(荷物の受け取り、家具や必要なものの買い出しなどセットアップはプログラムの数日前の現地入りだと結構大変。子供がいればより大変)
  • 1日4時間の英語の授業への慣れ(仕事とまた違った集中力が要求される)

参加することで失ったもの

  • $4,000+の授業料(寮や食事も含めると4週間で $7,000近く)
  • インターンや旅行などにも使うことができた時間

僕自身はセットアップができたというメリットに加えて、ケース分析の方法、自分の発音の癖、ライティング時に間違えやすい文法の傾向、がわかったので投資分は学びが得られたかなという印象です。あとは同じクラスの友人とは仲良くなれたので、それがとても良かった。

ただ、英語圏で学んだ経験のある人にとっては得られるものが少ないかと思うので、旅行やインターンなどをした方が良いかもしれません。

CELOP (Boston University) – 食堂閉鎖に気をつけて

食事に関して、今週はなかなか辛いことになりました。ボストン大学に寮に入るにはミールプラン(週10食以上が最低)へ入ることが必須なのですが、近くの食堂が予告なしに来週までに閉鎖することに。

聞いていない、と被害にあった他の留学生とボストン大学に掛け合うも、遠くの食堂は空いているからそこを使え、とのこと。そこの食堂まで寮から歩いて30分程度かかるので、正直そこまでは行きたくない。片道2ドルの鉄道を使えというのかしら。1食あたり15ドル程度の食事代を半強制的に取られていることを考えると、その対応は顧客志向ではないと思うのだけれど、契約書的には一応ぎりぎりのラインでサービス提供がされている。加えて、みんな今週の金曜日にはボストン大学を出る予定なので、労力をかなり使って返金を求めるほどの額にはならない。

CELOPで学ぶ学生はまたここに来ることはないので、リピーターを考える必要性はないのだけど、そういう不誠実な対応をされると顧客(学生)としてはこの大学への信頼性がかなり揺らぐし、他の人にも勧められなくなる。仮にもビジネスを教えている場所なのだから、もう少し口コミの影響を考えたほうが良いよな、と反面教師的に勉強になりました。

TECH::CAMP感想

TECH:CAMPの8期が終わりました(僕の場合はまだRailsのChapter 5、Chapter 6が終わっていないので、1ヶ月延長中ですが)。結論から言うと、かなり良いプログラムだと思います。ただ、カリキュラムを終わらせるには150時間は見ておいた方が良いと思います。

カリキュラム内容

カリキュラム内容は大きく環境構築、Ruby、HTML/CSS、Railsの4パートに分かれており、環境構築、Ruby、HTMLが1章ずつなのに対して、Railsでは3章あってそれぞれアプリケーションを作るプログラムになっています。Ruby、HTML/CSS、Railsそれぞれに練習問題もあり、合わせると基本のカリキュラムだけでもかなりのボリュームがあります。100時間は最低月に使ってください、と言われていましたが、練習問題まで解いているとそれ以上かかると思います。

内容は実践を通して学ぶという形式で、本を見て進めるよりもモチベーションが続きやすかったです。Rubyではレビュー投稿、閲覧、更新、削除 (Create、Read、Update、Delete)の基本機能を作りましたが、ここで条件分岐や繰り返しなどの基本を実践を通じながら学ぶことができました。

この方針は同じで、HTML/CSSも実際にウェブサイトのデザインを作りながらコーディングを進めていくことになります。デザインをブロックで考えることなどは基本だと思いますが、実際にそれを学べて良かったです。

Railsでアプリケーションを作るのは、なかなか大変です。1ページ1ページで覚えることが多く、一読しただけで把握するのは難しいので、4章のツィッターのようなアプリを作る章は、何度か読み返しました。Railsの3章だけで80時間くらいのボリュームがあるので、HTML/CSSが終わったところで序章が終わった、くらいで考えておくとちょうど良いと思います。

学習環境について

オンラインのみで学ぶことと、渋谷の道玄坂のオフィスまで行って学ぶことができる通学コースの二通りが選べます。やはり一人ではモチベーションが続きにくいので、首都圏に住まれている方は通学コースを選んだほうが良いかと思います。

オンラインでもSkypeで気軽に質問ができるのは良い感じです。カリキュラムがとてもわかりやすくできているので、最初のうちはあまり質問することがないかもしれませんが、自分でアプリを作るようになったら分からないことが多く出てくるので、より質問をするようになると思います。ただ、自分でアプリを作る章までのカリキュラムがなかなか重いので、仕事や家庭がある人だとそこまでいくのが1ヶ月では辛いかもしれません。

アドバイス

僕は7月前半まで働き、7月半ばで渡米してこちらの留学生活が始まったため、7月5日から始まったこのカリキュラムと両立するのはなかなかきつく、結局1ヶ月で終わらせることができませんでした。仕事、英語の勉強、授業と課題、友人との社交、プログラミング、家庭、との中で優先順位をつけるような状況で、プログラミングの優先順位を下げてしまったのが一番の原因ですが、もう一つの原因は100時間という見積もりが甘かったことです。

多くの人は100時間だと練習問題含めるとおそらく終わらないと思います。カリキュラムを飛ばしながら一周すると100時間くらいのボリュームかもしれませんが、身につけようと思って復習するとその1.5 – 2倍くらいの時間がかかります。特に、TECH::CAMPの教材は期間が過ぎるとアクセスができなくなるために、きちんと身につけないと復習すらできなくなります。社会人の方ですとおそらく同じような状況で時間が取れないことが多いと思いますので、最初から2ヶ月コースを選んでおくのが無難かもしれません。もしくは夏休みなどの長期休みがある時を利用して1ヶ月コースにするか。いずれにしてもプログラミングの経験がほとんどない人は150時間前提でスケジュールを組んでいた方がより良いかと思います。

改善があったら嬉しい点

ビジネスモデルの仕組み上、教材の継続公開は難しいのだと思いますが、やはり終了後に復習ができないというのは学習教材としては致命的です。いくらかプラスのお金を払うとPDFがダウンロードできる、のようにした方が受講者の満足度を高める、とより良くなると思います。

改善点はあるにせよ、僕としてはWebサービスを作るということの概要を学ぶことができ、良い投資だと思いました。初めてプログラミングを学ぶ人に対してはおすすめできるプログラムです。

CELOP (Boston University) – Week3 終了

Pre-MBAも3/4が終了。今週は課題、予習と復習に集中していました。CELOPのPre-MBAプログラムはケースからの学び半分、英語半分という構成なので、ケースの数はかなり少なめ。

HBSは1日で2本か3本のケースなので、1週間で2本というのはwarm-upのwarm-upというかんじ。だからこそ、ProgrammingやSocializingに時間を十分割ける余裕があるし、ボストンで生活を落ち着かせるための時間があるので、MBAが始まるまでに余裕が欲しい人には良いかと思います。

仕事/勉強

  • ケース分析 x 2 (McKinsey、Google Inc)
  • Entrepreneurshipのreflective journal
  • 翌週の予習

コミュニティ

  • HBSのclassmateとの食事
  • CELOPの同期とのHappy Friday

その他

  • Programming (Code Academy Ruby終了)
  • HBSへの編入準備、手続きなど
  • Japan Nightの準備
  • ランニング開始
来週で最終週。仲間とより仲良くなるとともに、Tech::CampのProgrammingの課題を終わらせたいと思います。

MBA受験 – エッセイのアドバイス

受験の肝となるエッセイ。僕はエドと相談しながらエッセイを作り上げていったのですが、彼からもらったアドバイスは、多くの人に役立つと思いますので共有いたします。

基本方針

  • ユニークさや自分の強みを伝える。経験、価値観、強み、何が自分をユニークにするのか。アイデアが肝。
  • 具体的な例を用いて、「生々しく」ストーリーを伝える。抽象的な話ではなく、自分の体験や感じたこと、学んだことを書く。
  • 数字や結果の話を入れる
  • レジュメと整合性のあるストーリーにする
  • ProfessionalとPersonalな話の両方が伝わるようにする

    テクニック

    • 一番最初のセンテンスと一番最後のセンテンスの話を繋げとより印象に残る。
    • あることをする前と後、自分と同じ職種の人との違い、のような比較の話が分かりやすい
    • Why MBA? では具体的な授業名、教授名、などを入れてきちんと学校について調べていることを示す
    • Transition wordを使って、流れをより分かりやすくする
    • 不要な副詞は使わない (successfulなど)。数字で語れば良い
    • Activeな動詞を用いた表現の方が強く聞こえる (Aim/Plan > Hope)
    • 短縮系は使わない (I’m I can’t -> I am, I cannot)

仮説検証

上記のエドからもらったアドバイスに加えて、第一志望の大学に関しては、自分のネットワークを使い、在校生または卒業生にカウンセラーと詰めた後のエッセイを見てもらう、またはエッセイの方向性を話すことをお勧めします。特に、在校生が読めば、おそらく通らないだろうな、とすぐに分かるようなエッセイを出して落ちるのはもったいないです。一方で、在校生や卒業生にとってはエッセイを読んでアドバイスをするのはそれなりの時間がかかるので、すでに関係が事前に無い限り、生煮えのものを見せたり、エッセイカウンセラー代わりに使うようなことはなるべく避けた方が良いかと思います。

僕の場合は昔からの友人か親しい人からの依頼があった時のみ、エッセイは見ています。エッセイを読んで、この人のバックグラウンドや価値観ならば何をどう伝えるかのが良いかを考え、アドバイスをどう伝えるかを考えて、スカイプや対面で話して、としていると簡単にケース2本は読めるくらいの時間になってしまうので、そこはご了承ください。

CELOP (Boston University) – Week2 終了

Pre-MBAも気付けば半分が終了です。今週はコミュニティにかなり時間を使いました。

仕事/勉強

  • ケース分析 x 2 (Karen Leary, Cirque du Soleil)
  • “Platform Strategy” のTeam work
  • Breweryのreflective journal

コミュニティ

  • TripAdvisorのTeam buildingに参加
  • CELOPの同期とフットサル
  • CELOPの同期と野球観戦(Red Sox vs White Sox)
  • ハーバード同期との食事 x 2
  • Team memberとのプチ打ち上げ

その他

  • Team buildingのいくつかのゲームを学んだ(blind game, card tower game, etc.)
  • Programming (Ruby on Rails)
2015年7月から2017年の5月末までの約23ヶ月間で最も重要視しているのは、人の輪を広げることと(350人の新しい知り合い: 15人/月)、10人のものすごく仲の良い友人を作ること。そのために、今週は特に友人と会っていることが多かった。
MBAが始まるとHBS生との交流が多くなると思うので、それまでにHBS以外のコミュニティとの時間をゆっくり過ごしたい。