MBA受験 – 奨学金をいかに獲得するか

MBAの費用は2年間で単身で約20万ドル、パートナーと一緒では約23万ドルと非常に高額であり、資金調達は私費受験者にとって大きなハードルとなる。MBA向けの奨学金はどんな団体が出しているか?

合格前に応募できる奨学金

  • フルブライト奨学金 (Fulbright Scholarship)
    例年5月に締切のある、アメリカの大学院受験者・進学者を対象にした、1年間の学費、生活費、渡航費の全額の給付をしてくれる奨学金(全額といっても一定額で上限あり)。MBA受験者は大学院留学(専門職学位)プログラムに応募することになる。5月に予備審査、7月に本審査用の書類を提出し、例年は11月に面接審査、11月か12月に結果発表。F-1ビザではなく、J-1ビザとして留学することになり、原則は卒業後の帰国と2年間の自国滞在義務がある。 また、alternate (補欠)となった場合でも、principalに繰り上がる可能性がある。私の場合は5月に繰り上がりの連絡があった。
  • ロータリー奨学金 (Rotary Global Scholarship)
    大学院受験者・進学者を対象にした、学費、生活費、旅費に使える3万ドルの給付をしてくれる奨学金。地区により締切は異なりますが、東京都の南半分が所属するロータリー2750地区では10月末が奨学金の締切です。重点分野として6分野を設定しており、その分野へ将来進みたい人が対象です。ロータリーにはそれぞれの地域で影響力のある人たちが入っていることが多く、そのネットワークに参加できることも魅力の一つ。
  • 伊藤国際教育交流財団奨学金
    海外大学院受験者・進学者を対象とした、約1000万円を給付してくれる奨学金。締切は毎年8月末。額が大きいのが非常に魅力的だが、「手書きで応募用紙を8部書く」、という写経をこなさないといけないため、非常に労力がかかる。8枚の応募用紙を1枚20分として、20 (分) x 8 (枚) x 8 (部) = 21 (時間) 、写経を続けないといけない。書き直しの手間も含めると、おそらく24時間は書くだけでかかり、その下書きを書いたり、英文研究計画書を用意すると、30時間以上はこの奨学金の応募だけでかかるため、応募する場合は早めに準備したほうが良い。
  • 平和中島財団奨学金
    10月末応募締切の海外大学受験者・進学者を対象とした、年間240万円を支給してくれる奨学金。提出書類が少なく、応募はフルブライトや伊藤国際教育交流財団に比べるとかなり楽。
  • その他、中島記念交流財団JASSO船井情報科学振興財団の奨学金プログラムもある。

合格後に応募できる奨学金

  • 神山財団奨学金
    留学する年に3月末までに応募する奨学金。100万円を2年間で計200万円。金額も大きいが、この奨学金は起業家やベンチャーキャピタルとの交流の機会を与えてくれることにも大きな価値がある。
  • UNIQLO HBS Fellowship
    HBSに合格した私費受験生を対象とした、2年間で最大20万ドルが支給される奨学金。2015年から2017年まで行われる予定。2015年は3月末が締切。2015年は4月に書類審査とUNIQLOの柳井さんとHBSの竹内教授との面接審査があった。また、資金面でのサポートに加えて、1ヶ月間のUNIQLOでインターンシップができる機会ももらえる。
  • その他、大学に直接応募できる奨学金がありますので、合格後に大学のFinancial Aidのページを見てみてください。HBSの場合は結果として約半数の方が何らかしらの形でScholarshipを受け取っているようです。

奨学金応募のアドバイス

  • MBAとそれ以外も含めたプログラムを対象にしている場合、MBAは他のプログラムと比べて卒業後の平均給与が高い場合が多いこと、卒業後のオプションが広いために奨学金の必要性が低いとみなされ、優先度が低くなる場合がある。MBAで何を学びたいのか、その後で自分がどのように社会に貢献していくつもりなのか、を明確に書いた方が良い。
  • 奨学金についてリサーチし、理想的な応募者を考えること。例えばロータリーの奨学金であればロータリーの重点分野に合うキャリアへ進みたい人のみが対象であるため、自分のやりたいことと照らし合わせた方が良い。
  • 基本的にはMBAのエッセイと同じく、自分はどんな人間で、どんな志を持っていて、どうしてそういう志を持つようになって、その志がどのような人生での意思決定やキャリアに繋がっていて、何を将来的にしたくて、何をMBAに求めているのか、が伝わるようなストーリーを書くのが良いと思う。エッセイの筋が通っているのは前提で、それに加えて、読んだ人が情景や人柄を思い浮かべるような、生々しい、具体的な話が豊富で、感情に訴えるようなストーリーの方が良いという個人的な印象。
  • その他の奨学金取得のノウハウについては他の方が書いていますので、こちらのブログリンク集から飛んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください