ハーバードビジネススクール(HBS)を卒業した後の海外での日々。資産運用、マーケティング、MBA、海外生活など。

ハーバードMBA、その後

MBA MBA受験

アメリカ留学 - ビザ(F1/J1)申請の実際のスケジュール

更新日:

留学に行く人が避けて通れないビザの申請。通常は面接から1週間程度でおりると言われていますが、遅くとも1ヶ月前には米国ビザ申請のホームページから申請をすることをお勧めします。私の具体的なスケジュールは以下です

実際のスケジュール

  • 5月 30日:i-20を入手
  • 6月  5日:DS-160提出
    • DS-160はF-1ビザ(学生ビザ)取得に必要な資料
    • DS-160は家族構成、学歴、職歴、留学先情報、過去に悪いことをしていないか、など非常に多くの項目を入力する必要があるため、2時間は項目の入力にかかると見ておいた方が良い
    • 背景が白で撮った写真データが必要のため、事前に用意しておくこと
  • 6月11日:東京の米国大使館で面接
  • 7月  1日:ビザの受け取り

通常は日本人であれば1週間程度で発行されるはずのF-1ビザですが、2015年は6月に国務省のデータベースに異常が起き、ビザの配給がストップしたことから結局面接から受け取りまで3週間かかりました。

僕は7月半ばの渡航なのでまだましでしたが、同じ時期に面接を受けた友人は7月3日渡航予定だったためにかなり肝を冷やしたようです。

いつまでに面接をするべきか

こういったシステムのトラブルは再発する可能性が高いため、7月前半に学生ビザ(F-1)で渡航予定の方は、5月には学校に連絡してi-20を手に入れて、5月中には面接を済ませておくのが安全かと思います。

-MBA, MBA受験
-

Copyright© ハーバードMBA、その後 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.