MBA受験 – キャンパスビジット

キャンパスビジットについては、「志望度が高い学校はした方が良い、Visitがプラスになる学校については特に」というのが僕の答えです。応募用紙にもVisitの有無を書く欄がある大学があるため、そういった大学については志望度が高い場合はVisitはした方が良いかと思います。2015年の受験について、僕が受けた学校についての印象を書きます。

  • HBS: Visitは合否には関係なし。応募用紙にもVisitの有無を書く欄なし。ただ、ケースの授業形式は特殊なので自分に合うかは見ておいた方が良い。
  • Stanford -> 不明。Visitの有無を書く欄なし。
  • Wharton: 不明。Visitの有無を書く欄なし。ただ、暮らすにあたってはPhillyでの生活がどのようなものなのかは知っておいた方が良い、というのが同級生からのアドバイス。
  • Columbia: Visitした方が良い。応募用紙でもどのadmissionと会ったか書く欄があるため、admissionの人の名前も覚えること。また、ニューヨーク関連についてのエッセイの質問もあることがあるため、材料を増やすためにもVisitは役立つ
  • MIT: Visitした方が良い。Visitの有無を書く欄があることに加え、どのMITのイベントに参加したか、誰を知っているか、などを書く欄があった。本気で受かりたいのであれば、Visit時にネットワーキングを行い、MITと繋がりを作った方が良い。
  • LBS: Visitした方が良い。LBS関係者で会った人を書く欄があった。比較的多くのOB/OG、在校生と会って、ネットワーキングした方が良い。

また在校生についてですが、①エッセイカウンセラーに頼む、②公式ブログにメールする、③友人の友人のネットワークを使う、ことで日本人とはアプローチできることが多いと思いますので、学校の正規プログラムに加えて在校生とコンタクトを取ると、学校の雰囲気をつかむのに良いかと思います。

また、キャンパスビジットで在校生を訪問した際ですが、下記が個人的なアドバイスです。

  • 仮説を持って聞く。e.g. 「私のやりたいことがAで、この大学のMBAプログラムのBがCというようにAに繋がるのではないかと思うのですが、いかがですか?」
  • 具体例を聞く。「DというプログラムがEなのではないかと思い、とても興味があるのですが、具体的にはどのような体験でしたか?」
  • あまり多くの人と同じ時間で一度に会わないようにする。たまに受験生1人に対して6人が同じ時間に集まるなどを聞きますが、そういう場合は一人に突っ込んで質問することが難しくなりますし、在校生の間でもお互いを見合ってしまうことがあります。可能であれば1対1か1対2くらいで違う時間帯に会ってもらった方が効果的です。
  • ホームページで調べられることは調べておく。既に書いてあることを聞いても時間がもったいないです。e.g. 「1年目の必修授業は何がありますか?」 -> どの大学でもHPに書いてあります。
  • 在校生ブログを確認しておく。殆どのMBAプログラムには日本人がおり、ブログを個人的、あるいは学校単位で書いている場合が多いです。生活感がわかるため、一通り目を通しておいた方が良いです
  • テストについて聞かない。TOEFLやGMATの点の取り方は参考書やブログを始めとした様々な媒体で書いてあります。在校生に聞いても、ここまで来てテストを聞くのか、という印象を与えるため、やめた方が良いです。

上記のような点を押さえると、キャンパスビジットをした時に得られるものが多くなり、よりエッセイを書く際にも役立つと思います。良いキャンパスビジットを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください